MENU

GAMES

SCROLL DOWN

PAGE UP

プロゲーマーチーム「PONOS」、 『クラロワリーグ アジア2019』で2度目の優勝!

ポノス株式會社(本社:京都府京都市、代表取締役:辻子依旦、以下「ポノス」)は自社所屬のプロゲーマーチーム「PONOS」が「クラッシュ?ロワイヤル(以下、「クラロワ」)」の公式 e スポーツリーグ「クラロワリーグ アジア2019」におきまして、2年連続2度目の優勝をしたことをお知らせいたします。

モバイルゲーム開発會社 Supercell が主催する「クラロワリーグ アジア2019」は、全12チームをグループA、グループBに分けての総當たり戦のレギュラーシーズンを行い、勝ち上がった各グループ上位4チームがプレイオフに進出し、アジアNO1を決定するプロリーグです。

6月29日に行われた「クラロワリーグ アジア2019」決勝戦で「PONOS」は、同じく日本から出場している「GameWith」と対戦しました。
6月1日の総當たりのレギュラーシーズンで対戦した際は、「PONOS」がフルセットの末に「GameWith」を下しており、決勝戦では以前の対戦を超える終始白熱したゲーム展開となりました。Set1の2VS2ではこれまで無敗の「PONOS」ライキジョーンズ?RAD組が先制すると、続いてのSet2を「GameWith」KK選手が勝利し、勝負は五分に戻りました。以降Set3では「PONOS」KOTAが、Set4では再び「GameWith」KK選手が勝利し、まったく互角の展開を繰り広げました。
優勝を決するSet5では、RADとライキジョーンズが1VS1の激戦を制し、「PONOS」が優勝を果たしました。優勝は2年連続2度目となります。

選手らより優勝の喜びのコメントが屆きました。

みかん坊や
「PONOS最強!!」

天GOD
「2年連続優勝できて、本當に嬉しいです。」

ライキジョーンズ
「プレイオフの準決勝と決勝のチームの勝利を決める場面で勝てたので成長を実感できました。最高です!」

RAD
「初めての優勝を味わえて最高です。」

KOTA
「初めてのプロリーグで優勝できて嬉しいです。次も優勝します。」

フチ(監督)
「優勝監督になれて幸せです。」

そして、MVPにはRADが選ばれ、「MVP選手に選ばれるとは思っていませんでしたが、チームに貢獻することができとても嬉しいです。そして、2年連続MVPを獲得できたこともとても嬉しいです。」と喜びのコメントを語りました。
VIEW SPECIAL SITE

RELATED NEWS


関連のニュース

日本黄色-日本成人